コーヒーホリックな日々

珈琲の種類や淹れ方、焙煎まで。 毎日をハッピーにする カフェ・ライフを目指しています♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アフリカのコーヒー  ☆ カメルーン ☆

カメルーン国旗


ジャワ島で栽培されていたコーヒー豆が


ドイツ人宣教師によって1900年初めころに持ち込まれました。


コーヒー栽培に理想的な環境のカメルーンでは、


全体生産量の約15%のアラビカ種を、


主にドイツやフランスに輸出しています。


カメルンーン素材1


代表的なものは『ロングベリー』


縦に長いカタチをしているのが特徴です。


ほんのりとした花のような香り、口当たりがやさしく、


シトラス系の酸味と自然な甘みを感じられます。


コクがありますが、飲みやすく、後口が良いのも特徴です。


カメルーン素材2
スポンサーサイト
  1. 2012/08/27(月) 07:47:06|
  2. ├ アフリカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

アフリカのコーヒー ☆ウガンダ☆

ウガンダのコーヒーは、南北の回帰線に挟まれた熱帯の高原部で栽培されています。


ウガンダでは主に、低地で栽培でき病気に強く、


インスタントコー ヒーによく使用されているロブスタ種が栽培
されています。


農民の4人に1人がコーヒーを栽培・販売しているほどで、


貴重な現金収入源となっています。


年間生産量は、およそ18万トンで、アフリカ大陸では


エチオピアに次ぐ第2位のコーヒー輸出量
を誇ります。


そんなコーヒー大国ウガンダではありますが、


日本ではあまりそのイメージが定着していないのが現状ではないでしょうか。


良好な酸味とコクがあり、非常に香りも良く味も優れています。


ウガンダ自然栽培コーヒー(100g)
¥510
楽天

  1. 2012/06/10(日) 10:00:00|
  2. ├ アフリカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アフリカのコーヒー ☆ザンビア☆

ザンビアの主な産地はアフリカ大陸を南北に縦走する、大陸の裂け目にある大地溝帯に沿って連なります


タンザニアの隣国であるザンビアでも、深い焙煎に耐える良質の酸をもち、品質の高いコーヒーが創られます。


豊かなコクと自然な甘み、重量感もありますので深い焙煎のコーヒーを探している方にお勧めです。


香りの特徴は少ないので強い個性は感じませんがアイスコーヒー、カフェオレにも相性がよいです。


品質の良いスペシャルティー珈琲は、ほとんどヨーロッパやアメリカに輸出されており、


日本にはわずかしか入ってきていません。

【送料無料】【メール便パック】ザンビア・ビクトリアフォールズ(100g×2袋)/ コーヒーメール
¥1,240
楽天

  1. 2012/06/10(日) 10:00:00|
  2. ├ アフリカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アフリカのコーヒー ☆マラウイ☆

アフリカの内陸国マラウィは、北海道と九州を合わせたくらいの国土。ほとんどが高地なので涼しい気候のようです。


コーヒーの生産地でもある北部は良質なコーヒーを生産することで知られます。


なかでも「フィルリア」は現地のトゥンプカ語で「山の花」という意味の希少なゲイシャ種です。


マラウィには1950年代に持ち込まれましたが、 生産性が低いため、


今では中米など一部の農家を除き、マラウィぐらいでしか栽培されていません。


マラウイコーヒーは欧米で人気が高く、日本への入荷は珍しいコーヒーです。


ゲイシャ種についてですが、この名前は「ゲシャ」という町の近くで発見されたから命名されたと言われています。


現存しているゲイシャは、高品質で有名なパナマ、ジャマイカ、ケニアなどに僅かに存在しています。


なめらかで、トロリとしたコク、クリーンですっきりした後味、ベリー系の果物やワインを連想させる香りとオレンジフレーバーが魅力です。


どんなレベルの焙煎でも、それぞれ楽しめます。


甘酸っぱいワインのようなコーヒーを楽しむならミディアム。


バランスを整えるならシティ。深煎りでもその美味しさを十分に堪能できると思います。

KOGISO自家焙煎珈琲プラスシリーズ「マラウイ チャカカ・ゲイシャ種」
¥570
楽天


  1. 2012/06/09(土) 23:54:48|
  2. ├ アフリカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アフリカのコーヒー ☆モカ・マタリ(イエメン)☆

イエメン産のコーヒー豆はモカ・マタリといい、イエメン北西部の高地産です。


コーヒールンバ』という曲で唄われていたためか、日本でも認知度、人気が高いです。


 イエメン産独特の力強くフルーティなフレーバーが特徴で、柔らかな酸味と豊かなコクを持つ、小粒のかわいらしいコーヒー豆で、


アラビア半島でもっとも自然条件に恵まれたイエメン産のモカマタリは、


コーヒーの代名詞として世界中で愛飲されてます。


 独特の酸味とコクと『モカフレーバー』と呼ばれる豊かな香りがすばらしく、


「コーヒー貴婦人」、「コーヒーの女王」とも称されています。

ご注文頂いてから焙煎します。スペシャルティイエメン・モカマタリAltair(アルタイル)100...
¥1,000
楽天
  1. 2012/06/09(土) 23:46:48|
  2. ├ アフリカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

コーヒーホリック

Author:コーヒーホリック
こんにちは!コーヒーホリックです!
コーヒーの勉強をしながら
皆さんへご紹介できたらなと思います!
「私はコーヒー苦手だな」って方にも、
興味を持ってもらえるように
コーヒーの魅力を発信して行きますo(^▽^)o

カテゴリ

☆ カフェ・ライフ (27)
☆ 淹れ方の種類 (9)
☆ 焙煎機の種類 (8)
コーヒー豆の種類 (0)
├ 中南米 (15)
├ アジア (9)
├ アフリカ (10)
└ その他の地域 (1)
未分類 (2)
コーヒーと音楽 (1)

最新記事

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
7728位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
お酒/ドリンク
727位
アクセスランキングを見る>>

最新トラックバック

ブログランキング用

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。